ホットヨガで体はどう変わる?ヨガ日記どっとコム

体形も年齢も関係ナシ!

風邪気味の時のホットヨガ

    更新日:2018/04/16  

2~3日前から喉が痛くてちょっと風邪気味でした。

予約を入れていた日の朝、起きると鼻のつまりがひどくて片側は全然息ができないくらいでした。

 

ホットヨガどうしようかな?と悩んだのですが、しばらく行けてなかったし、体が温かくなったら鼻の通りも良くなるかも…と思ってスタジオへ行きました。(くしゃみや咳が出るときはNG!)

一応肩を冷やさないように袖ありのウエアにして、タオルも余分に持って行きました。

towel

 

スタジオの中は湿度が高いのでのどの痛みは楽になり、休まなくてよかったです。

 

ところが鼻詰まりが相当ガンコで、1時間のレッスンを終えるまで少し息ができたくらいでした。

 

片方の鼻でしか息ができなかったためか、いつもより息苦しく、呼吸がハーハ―言ってしまいました。そしてなんだかのぼせっぽく、気をつけないとクラクラするかもしれないと思いました。

 

風邪の時は熱を測って熱が無いのを確かめることはもちろんですが、息苦しい時はチャイルドポーズで休憩を取りながらやった方がいいんだなと思いました。

thermometer

 

もしのぼせっぽかったら、無理しないでスタジオから出て構いません(もちろん常識的な範囲で)。

一応、レッスン最後のクールダウンの時はなるべく出ないように言われます。ひととおりのレッスンの終わりの瞑想の時間なので、各自が気を散らされないためです。

気をつける必要はたしかにありますが、それでも絶対スタジオから出てはいけないわけではありません。

 

話は風邪に戻りますが、やはり酸素はとても大事なので、鼻が詰まって苦しい時は口で呼吸するか、あるいは時々休憩を挟みながらマイペースでやりましょう。

ただ、血行が良くなるし、体があたたまると鼻の通りもよくなるので、人にうつしてしまわないように気をつけながら、様子を見て自己責任で判断してください。

⇒LAVAの体験申込はこちら

 

注)湿度が高い所では風邪はうつらないとの説があります(LAVAの湿度は50%~60%)

 

 

 - 1.ホットヨガで出て来た身体の変化, 2.LAVAのホットヨガについて