貧血にならないためには

5.ホットヨガ全般

今日は時間が取れたので、朝からホットヨガをやって来ました。

とはいっても、LAVAに行くと仕事に間に合わなかったので、近くの溶岩ヨガで済ませました。

(溶岩ヨガのスタジオは10名くらいしか入らない狭い所が多いので、普段は遠くてもLAVAに通っています。)

 

レッスンを始める前の挨拶で、イントラさんが「私は今日は生理中で貧血になりやすいので、気をつけてやります。皆さんもボーッとして来るような時は遠慮なく部屋から出たり水分を摂って休んで下さいね。」と言いました。

 

不思議なもので、そういう事を聞くと、なんか妙に貧血を気にしてしまうのが小心者の私。

特に慣れない朝一ということで、ちょっと不安が湧いて来ました。(大丈夫?自分!みたいな)

 

でもまあ、最初はストレッチ的な動きだったので問題なく時間は過ぎ、少しずつ動きがハードになって来ました。

 

LAVAのスタジオは他のホットヨガに比べて温度が低めなので、のぼせたことは記憶の限り無いのですが、溶岩ヨガともなると、結構ボーッとする時があります。

そういう時は本当に無理は禁物です!体調が悪い時に無理をしてしまうと貧血などになりかねません。

 

で、一度部屋から出て涼んで来ようと思ったのですが、今日のイントラさんが妙に愛想の良い人で、

「皆さん大丈夫ですか?もうちょっとしたら休憩しますからね。どうぞ無理しないで下さいね。」

って、ニコニコ言ってくれるもんだから、なんだか出にくくなっちゃって…。

 

こういう時、LAVAのように広いスタジオだとスッと退室できるのですが、少人数だと目立ってしまって出にくいです。

でも、変に気をつかって具合が悪くなったら大変なので、水を補給することにして(「のぼせて」なんて言ったら心配されそうだったから)一回外に出ました。

 

ホットヨガで貧血にならないためには、とにかく自分の体に神経を研ぎ澄ませることと、無理をしないこと。

そして、寝ポーズから起き上がる時は必ず頭が最後になるようにゆっくり起きる。これに尽きますね…。