うつ伏せに寝られるようになった

1.ホットヨガで出て来た身体の変化

別に私、うつ伏せで寝たい!と思っていたわけではないんです。

最近、気が付いたら自分がうつ伏せで寝ていてビックリした経験をしました。

なぜって、私は首が痛くてとてもじゃないけどうつ伏せで寝られなかったからです。

 

仕事柄パソコンに向かう時間が長いので、肩や首回りがいつも凝っていました。LAVAのレッスンでも、肩凝り改善ヨガはよく予約しています。

肩凝り改善ヨガの詳細はレッスンについての記事を参照して頂きたいのですが、肩周りの筋肉を強くして肩こりしにくい体質を作るレッスンです。

 

このレッスンだけじゃなくすべてのレッスンで、使った筋肉を緩める際にとる姿勢があります。

それがうつ伏せに寝て顔を片側に向ける姿勢です。

 

↓こんな感じですが、手をどけてもっと頬をべったり床につける

facedown

私は正直、これが痛くてきつかったのです。

それだけ凝っていたのでしょうね。右(や左)に動く角度が人より少なかったんだと思います。

 

ところが、大掃除で疲れてちょっと寝転がった時、腕を伸ばしてうつ伏せでストレッチをしていたら、気がついたら顔を横に向けて寝ていたのです。

↓こんな感じ

facedown2

 

前だったら痛くて、そんな姿勢でうつらうつらなんてできなかったはずです。

というより、うつ伏せの姿勢で長くじっとしていることがあり得なかったのですから。

 

相変わらず肩こりは無くなってはいませんが、少しずつ筋肉がほぐれて来ているのかなと感じました。
ヨガ