LAVA国立店のレッスンの感想

マーメイドポーズ3.LAVAのレッスンの内容

LAVA国立店でボディバランスヨガのレッスンを受けてきました。

国立店の印象は、フロント入り口付近が広々でスタジオ内などが小さめといったイメージです。

あと、どこにでも木製ベンチが多いです。

ドライヤーが5個。

トイレが2個。

シャワールームが6個。

洗面台が1個です。

スタジオ内は、今日のレッスンで17名くらいだったとは思いますが、20名程で満員なのではないかというイメージです。

Max30名だそうですが・・・。

ロッカールームにも木製ベンチがあり使いやすいですね。

ただ、シャワールームの前にある待つとき用の木製ベンチが、私は無いほうが良いと思います。

なぜかというと、長時間は待たないし、立って並んでいるなら、前後の方々は適度の空間を保っているので、汗臭さなどはそれほど気にはならないものです。

ところが木製ベンチに座って待つとなると、みなさん気を遣って空間を詰めざるを得ないわけだからです。

シャワールームの個室には、フックとタオルをかけられる棒まで付いていました。

スタジオによって色々な違いがありますね。

国立店の場所は、国立駅南口出口から1分で見えるというのに、私は北口に出てしまい、どこぞのガードマンさんから「交番で場所を聞くと良いよ。」と言われ、交番へ入りました(ノ∀`笑))

どういうわけか国立駅南口へ出ていたらしく、交番から目の前にありました。

20代くらいの婦警さんは、LAVA国立店をご存じなかったようで、「ホットヨガってやつですか?あそこじゃないですか?」と教えてもらえました。

交番のドアからまっすぐの道にあるビルの5階にあります。

ボディバランスヨガのレッスンについては、こちらの記事もどうぞ↓

ボディバランスヨガのレッスンを受けた記録

前にボディバランスヨガのレッスンを受けたときとは違うポーズは・・・

このポーズの両腕をお尻側に降ろしたポーズでした。

なるべく両膝を離して、両方のお尻でマットをしっかり押して座ります。

これだけでも意外とできない。

さらに、左足の付け根を前に押し出すようにしました。

動きは少なくても良いので、胸や肩を前に向けたまま、なるべく動かさずに、左足の付け根だけを前に押し出すのです。

反対側の足も組み替えて同じようにします。

足の付け根上げ

あと、このポーズでお尻の上側(仙骨)をこすりつけるように、まぁるく円を描くように動かしました。

スクワット移動

このポーズで手を前に伸ばして床につけるのは、前に受けたレッスンでやっていたので、いくらかできるようになってました。

キツイけれど・・・。

スタイル良く見えるコツも教えてもらえました。

  1. お尻を締める。お腹が引き上がってくる。
  2. 鎖骨を開く。胸も開く。
  3. あごを少し引く。

だそうです。

レッスン終わりの先生のお言葉は、

「今日もこうしてヨガができる健康な心と身体、そして環境に感謝します。

これからの時間も皆様が笑顔でいられますように。」

・・・でした。

丁寧なレッスンで、また受けに行きたくなるスタジオでしたよ。

帰り道の交差点で、トレッキングポールを両手にした高齢女性の方から

「あなた、ヨガをされているの?

私も近所でヨガを教えてくださる場所があるのだけれど、できるかどうか迷っているのよ。」

と、声をかけられました。

私が持っていたヨガマットを見かけられただけで、ヨガだとご存知だったのですね。

私は

「椅子ヨガもありますし、ヨガは家事でも使わないような筋肉も動かせて、どなたでもできますよ。」

と、おすすめしました。

その方は

「挑戦してみようかしら。」

と、ウキウキしているようでしたよ。

もっと多くの人がウキウキした気分になれますように・・・。