ホットヨガで体はどう変わる?ヨガ日記どっとコム

体形も年齢も関係ナシ!

ヨガのレッスン中に出る音について

     

ヨガのレッスン中に出る音は気になる人も多いのではないでしょうか。特にいびきとか。

 

いびきをかかなくする方法は、口を閉じれば解決なのでは?

何故に口を開けて眠ってしまうのかということが問題なのだ!

・・・と、法廷風に切り込んでみました。(どこが?)

 

ヨガレッスン中のいびきは、最初から最後まで聞こえてくるわけではなく、最後の亡骸ポーズをするときに聞こえてきます。

ホッとヨガ

 

ポーズ時間は、長く取る先生でも5分程度でしょうか。

照明を落として、ヒーリングミュージックと先生の「両腕も両足も頭もすべて大地に沈んでゆきます。」などの言葉かけで、短い時間でも今だけに集中できる贅沢な時間を過ごすことができます。

集中していると、突然のどんな音が聞こえてこようと気にならないものですが、あえてどんな音が聞こえてくるかを拾ってみますと、いびきに限らずお腹の音、おならなどでしょうか。

 

すべて「あんな音が出てしまったらどうしよう。」とか、「音を止める自信がない。」などと思うと怖さも出て、これからずっと楽しくヨガを続けていこうという気持ちにブレーキまでかけてしまうかもしれません。

安心して楽しくヨガを続けていくために、いびきをかかなくする方法だけでなく不意に出てしまう色々な音を出さなくする方法は、意外に簡単だったりするので、いくつか考えてみました。

 

いびきをかかなくする方法は?

レッスン最後の亡骸ポーズで、先生から「ライトが眩しい方はタオルを目の上に置いてポーズに入って頂いても結構ですよ。」などと声掛けがあります。

目の上にタオル

 

基本ライトも音楽も落とし目で、特別眩しいこともないのですが、それほどリラックスして自由にしてくださいねということです。

・・・ということは、鼻で呼吸できるように鼻から上を出しておいて、口から肩を覆うようにタオルをかけるとリラックスしているようにも見えて自然なのではないでしょうか。

口を閉じた呼吸ならいびきをかきにくいです。

 

咳が出てしまったときは?

水をゆっくり少しだけ飲んで落ち着かせます。

咳

口にタオルを当てて咳をしている音は決して不快ではないので、安心して出るだけ出すくらいの気持ちを持って落ち着いているうちに治まります。

 

お腹の音が鳴ってしまうときは?

レッスンで体内の巡りが良くなるので、腸の動きも活発になり、仰向けになると、かなりの確率でお腹の音は鳴っています。

お腹の音

お腹が空いている方は、「グーグー!」「キューキュー!」かもしれませんが、私の場合は、お腹が空いているときにレッスンを受けたことがないので、「コポコポ!」「グォー!」とか鳴るときもあります。

誰かに、「今お腹の音、鳴ったでしょう!?」と聞かれたら、「お腹の中にライオンさんがいるから~。」などと可愛く答えればいっかと考えてはいるのですが、誰にも問い詰められたことはありません。

学校など机や椅子がある場所でしたら、「ギギー!」とか机でも何でも移動したり音を出してごまかすこともできますもんね。

 

残念ながら、ごまかしアイテムがないレッスンスタジオでの音の止め方ですが、腹式呼吸が効果的らしいのです。

腹式呼吸と言っても、いつもしている呼吸と違うし、急にできるようになるものでもありません。

やっぱりそこは、ヨガレッスンを続けたからこそ獲得できる技なのかなぁと思います。

  1. 鼻からたっぷり息を吸い、お腹を膨らませる。
  2. ゆっくりしっかり全部息を吐き切りながら、お腹にチカラを入れてへこませる。

集中して繰り返してリラックスですね。

 

おならが出てしまったら?

出るだけ出すくらいの気持ちを持って・・・という人はあまりいないと思われます。

おなら

1回音を出してしまったら、「はっ!」となって引き締まると思うので、そんなに何回も、「ブーブー!」出しているのを聞いたことがありません。

予防としては、レッスン前にトイレを済ませておくくらいでしょうか。

 

レッスン中に出てしまう音は・・・

結論として、レッスン中に音が出てしまっても自然現象なので気にしない。

落ち葉

 

落ち葉が落ちるほど一瞬の出来事。

 

「あの人が音を出した人ね!」と探し当てていつまでも覚えていることもないし、言っているのを聞いたこともありません。

もしもそんな人がいたなら、「細かいこといつまでも覚えているなんてかわいそう。まだまだ覚えたい楽しい事いっぱいあるのに・・・。」と思って差し上げるくらいの気持ちで、貴重な自分の時間を精一杯楽しみたいですね。

 

またスタジオでは、限られた自分の時間を大切に通っている方々の集まりで、それぞれ自分に集中している空間で安心して大丈夫と思っています。

 

ヨガを始めると、どんなときでも確かな証拠があるわけでもないのに、なんか大丈夫と思ってしまうことがいろいろあるんですよねぇ。

たとえば、急に出てしまう音などに限らず、急な小学生との卓球バトルでも筋肉痛にならないなど・・・。

ヨガをやってなかったら、急な出来事で筋肉痛になる確率は高いと思います。

 

また、仮に筋肉痛になったとしても、どこをどうストレッチするかなど、リンパの流れも知ることができてくるので、早い回復が期待できます。

ヨガの魅力をチラッと知ってしまったあなたも、これで人生の安心材料を手に入れたようなものですね(^^)b

 

 - 4.ホットヨガの感想や口コミ