ヨガビギナーのレッスンを受けた記録

三角のポーズ3.LAVAのレッスンの内容

運動量の目安5段階中の2であるヨガビギナーのレッスンを受けてきました。

ヨガの代表的なポーズをじっくり行うコース。

一つひとつのポーズを丁寧にとりながら、肩や股関節にアプローチし、心身の調和をはかります。

普段カラダを動かさない方でも無理なく楽しめるほか、運動をされている方のメンテナンスとしてもおススメです。

・・・とのことです。

確かに股関節は良くほぐすポーズが出てきましたが、普段カラダを動かさない方でも無理なくというのはどうかな・・・のレッスンでしたよ。

私はヨガを続けているとは言っても、中級と言うのはおこがましいのに、「初級のレッスンなんてあまりテンション上がらないかも・・・。」くらいの気持ちでレッスンを受けに行ったせいかもしれません。

しっかりレッスンしたら、運動量3くらいには思えました。

このポーズでは、右足を前にしているときなら、割とビシッと安定してポーズをとれる気がするのですが、左足を前にしたときは、ふらつくのでついカバーしようと歩幅を狭くしがちになってしまいます。

しっかり安定したポーズがとれると、身体の伸びるべき部分もしっかり伸びて良いのですけれどね。

扇のポーズ

このポーズでも、左右のお尻の骨で均等に床を押せている気がしなかったなぁ。

身体倒し

(フィットネスの勧めより引用)

ここまでしっかりと身体を倒すよりは、左右の肩の高さを揃えるほうに意識を向けると良いらしいです。

Eagle Pose

このポーズでは、足首まで片足を絡めるってどうやるんだろうと思っていましたが、腰を低めにするとできることを発見。

前ももを鍛えておいたほうが良さそう。

自分でわかっていると思っていたポーズも、ちょっとした角度ひとつで新しい広がりが見つかりました。

初心忘るべからずですね。