insea五反田店の様子

4.ホットヨガの感想や口コミ

insea(インシー)は、五反田の他に広尾、六本木、恵比寿など都会に7店舗展開しています。アクセントは前(in)にあります。

他のヨガ教室とは違い、溶岩石を使ったホットヨガスタジオです。

五反田駅からは東口を出た大通り(桜田通り)沿いにあります。徒歩約2~3分ですが、信号を渡るので余裕を持って行って下さい。

桜田通り左手に見えるオシャレな建物、東京デザインセンターの2階にインシーはあります。

 

入り口を入ると左右に広がるエステサロンみたいな内装です。ホットヨガ受付は左側にあります。

靴専用のロッカーがあり、ブーツでも楽々入ります。なお、靴用ロッカーの鍵は受付に預けるシステムになっています。

同意書とアンケートに記入すると、溶岩で床を温める仕組みを説明してくれました。

 

・ヒーターで温めるのではないため空気がきれいである

・溶岩がミネラル成分を放出しているのでお肌から吸収できる

・遠赤外線で温めた床からスタジオを温めているので、身体の芯から温まるということ

 

などの説明でした。

会員料金などの説明は無く、タオルを渡されて着替えとなりました。

 

更衣室の入り口はドアではなくフェイクグリーンが垂れ下がっていて見えないようにしてあります。

 

スタッフに男性もいるそうなので、気にしようと思えば気になりますが、まあ見えないでしょうし、アンケートの中に「スタッフに男性がいることが気になりますか?」という項目があったので、それを嫌がる人がいる時間は配慮をしてくれるのではないかと思います。

ロッカー自体は20~30くらいでしょうか?他のスタジオに比べると少なめです。
一つ一つは大きめで、荷物が入らなくて困るということは無さそうです。

鍵のついている所はどこでも選んで良いことになっていました。

良いなと思ったのは、ロッカーの脇にスチール製のラックが置いてあるので、ちょっとタオルや着替えを置くのに便利なことです。

 

スタジオへは20分前から入れるようになっています。

中へ入ると、堅い茶色いタイルが敷き詰められていて、なるほど下から暖かさが伝わって来ます。

定員は13名とのことですが、13名入ったらかなりきついだろうなと思いました。

 

音楽が床や壁から響いているように聞こえて来て心地よく感じました。

スピーカーが上からつるされていたのですが、品質の良いスピーカーを使っていたようです。

 

下がかたいのでヨガマットは必須です。無料で借りることができます。

バスタオルよりふた回りくらい小さいミニサイズなので、バスタオルがスッポリ覆う感じです。こんな小さいヨガマットは他では見たことがありませんでした。

 

先生の指導は細かくなくて、何となく真似して「これで良いのかなあ」と思いました。(先生によってもレッスンによっても違うと思いますが)

 

床自体が熱いので、手や足がマットからはみ出るポーズだと、熱く感じます。うまくタオルに乗せるなどの工夫が必要です。

 

途中5分くらいの休憩が入りました。

スタジオを床から温めているので、温度調節が難しいんじゃないかなと思いました。中にいる先生ではなく、受付で調節しているので、体感に合わせた調節ができないからです。

レッスン終了後に冷たいおしぼりが配られたのはすごく気持ちかったです。

シャワー室にはソープ類が全部揃っていました。しっかり汗を流せて爽快な気分でした。

 

メイクコーナーは椅子が8人分くらいしかないので、混んでいるレッスンの時は大変かもしれませんが、こちらもアメニティの充実度が高く、資生堂やビオレの化粧品類が自由に使えるようになっています。

 

終わった後の勧誘があまりにも無さ過ぎて拍子抜けしてしまいました。
入会をすぐには決め兼ねていたので、どうやって断ろうかと身構えていたのですが(苦笑)。

体験だけの人でも会員カードを渡されます。そして次からは普通に予約ができるというのです。チケット制をとっているのでそれができるのですね。

月会費制の会員(マンスリー会員)になると、クレジットカードで引き落としとなるので、別途手続きが必要になるようです。

月会員になるのは嫌な人にはこういうシステムが良いのではないでしょうか。

⇒insea(インシー)の詳細はこちら