足で地面を踏む感覚が初めてわかった

4.ホットヨガで出て来た身体の変化

ヨガを始めて嬉しかったことは人によっていろいろだと思います。

私が「ヨガをやって良かったな~」と一番嬉しく感じるのは、足で地面を踏みしめられるようになったことです。

 

ストッキングや靴下を履く時、片足で立てずによくフラフラしていました。目をつぶったりなんかしたらもう大変!10秒と立っていられません。

 

そんな私は、やっぱりバランスをとるポーズが苦手です。片足をもう片方の足に絡め、腰を落とす鷲のポーズなどはすぐにフラつきます。だいぶマシになりましたが、それでもまだ苦手意識はあります。

pause-washi

↑こんな感じのポーズ

 

ただ、そういうポーズをとる時は必ず足をしっかりと踏みしめなければならず、その練習が少しずつ体にしみついて来ているのです。

 

裸足で立っていると、何と言ったらいいのでしょうか?手の平ならぬ、足の平で床をガシッと掴んでいるような感覚です。

よく、外反母趾を治す策として、床に置いたタオルを足の指で掴みなさいと言いますよね?あんな感じで、床全体を掴んでいるように立てるのです。

 

これは思った以上に気持ちが良いもので、私がヨガを気に入っている一番の理由となっています。

 

ただし、毎日幅の狭いパンプスを履いているので、続けずにいるとすぐに戻ってしまいそうになります。

やっぱり継続が大事なのですね。

 

ホットヨガを体験してみたい人はこちらからどうぞ↓