パワーヨガのレッスンを受けた記録

呼吸6.その他

パワーヨガのレッスンを受けました。

ほどよくじんわりと汗がかけるぐらいの運動量を行い、レッスン終了後に心地良い爽快感を感じられるプログラムです。

・・・とのことで、ほとんどのレッスンが心地良い中で、さらに期待できそうと参加してみました。

先生は・・・

イギリス政府時代香港で生まれ育つ。

母国語は香港の方言広東語で、日本語、英語、北京語も堪能。

中学時代はテコンドー、成人期にはムエタイキックボクシングとランニングに夢中になる。

2016年に酷い腰痛になり、治療中にヨガと出会う。

担当するヨガレッスン参加費の三分の一を、身寄りのない犬・猫への寄付に充てている。

ヨガを通じて皆様にお会いできるのを楽しみにしております!

Can’t wait to see you all soon!

・・・と誠実で、ユーザーレビュー欄を見ても、一生懸命な先生だと大絶賛されていましたよ。

香港のお部屋から、本当に一生懸命レッスンしてくださいました。

呼吸

呼吸も・・・

「鼻から吸って・・・

Stop! Three. Two. One.」

と、英語の発音もキレイでテンションアップ。

ポーズは、どれもハードめ( ´ー`)フゥー...

このウォーリア2のポーズだけでも充分キツイのに、さらに左右にひねりが入るのです。

また、手のひらを握ったり開いたりしつつ、ひねりが入りました。

これが地味にキツイ!

おまけに、かかとも上げ下げしたり、ひざも伸ばしたりとかなりアクロバティック!

このポーズから、背中をまっすぐ、お尻をかかとに下ろして、両手で左右に散歩しました。

また、両手のひらは天井向き、指先はひざのほうへ向けて手首をストレッチしました。

なぜ手首のストレッチが多く出てくるかというと、アームバランスのポーズが多いので、手首を大切に守りたいからだそうです。

たっぷりしっかり時間をかけてストレッチしましたよ。

脱力前屈。

椅子のポーズから、さらに両腕を耳の後ろへ引き、胸を開きました。

時々「Very nice!」と、声をかけてくださいます。

このポーズから、片足を両手で支えながらまっすぐ前に伸ばし、手のひらを外して胸の前で合わせてキープしました(+o+)

橋のポーズ。

ヨガは音楽のように異国間のコミュニケーションツールにもなりますね。

見たことがないポーズもあって、とても楽しいレッスンでしたよ。